ヒーリングサロン苺 遠隔ヒーリング(レムリアンヒーリング®)

Chikakoがあたたかい気持ちを大切に日々を暮らすブログ

からあげ

今日40歳にして、初めてひとりで唐揚げを作った。半分は実家の父母に届けました。もう、人生半ば、やることやらねば・・・と最近思っていたのですが。

 唐揚げは母も、小さいころ、作ってくれていたのですが、小さい頃は家族で、トンカツを作っていたイメージが強く、唐揚げと言えば父が、定年を迎えた頃位から、よく作ってくれました。これが、けっこうおいしく、今まで、約15年にわたり、何個家族に作ってくれましたか?と疑問を投げたいくらいよくつくってくれました。

 唐揚げは、独特のジューシーでかりッと、生姜醬油の味がして、という、こころウキウキの存在感がありますね。これを家庭で食べる・・・。作って食べる・・・。これ以上の幸せがないように感じます。

 それだったら、早く作れよ!と思いますが、私、かれこれ20年近く思案の人生を送っておりましたので、作れませんでした。結婚してから数えても、IHのあるキッチンに、5年過ごして、はじめてだったんですね。

 こんな風に軽く、子供のころのように、生活に幸せがある、これ以上の幸せはありません、と感じれる自分に戻ったようになれたのは、レムリアンヒーリングのプラナ呼吸のおかげかもしれません。

 今度は、娘の卵アレルギーが治ったら、ヒレカツ届けるよ!、と父母に伝えたら、自分の今の家族に作ってあげてね、私たちの分も作るの大変でしょう、とのこと。無償の愛にまた感動してしまいました。

 お父さん、お母さん、私が目覚めるまで、待っていてくださって、ありがとうございます。ホント、ほんの少し、お返しができるまで、長いことかかりました<m(__)m>小さい頃の私は、ここに戻ってきたよ~。ごめんね、今まで。夫よ、揚げ物を作らない妻で、よくぞ浮気などしなかったね!また作るからね(^^♪